現在のページ : トップページ

いろいろな受験

受験といっても、今は幼稚園のお受験から大学受験まで、受験はいろいろあります。受験の仕組みもそれぞれの段階でいろいろありますが、その仕組みをしっかりしっておくことも大切です。
まず幼稚園の受験というと、それこそ有名私立受験といわれるものがあります。
幼稚園のうちから有名私立校に入れてしまうことで、これからの受験をしないでも済むという思いで受験させる場合もあります。
もちろん、小さいときからしっかり教育をさせたいと思っている親や、公立に対する不満を思っている親などが受験させます。次に小学校受験ですが、小学校の受験をさせるのも高校や大学まで、もう受験をせずにゆっくり過ごさせたいという親の気持もあります。

小学校で中高、そして大学まで一貫の学校に入れることは、ステータスとともに受験をしなくていいという魅力があるのではないでしょうか。中学の受験となると、中高一貫校や中高大一貫校に入れることで、やはり公立とは違った教育への魅力と、高校や大学の受験がないことから中学受験の人気が高まっています。
高校受験となると、公立と私立はいろいろな選択ができます。
大学受験の場合は入試センター試験など、いろいろな受験の仕組みがあるので、それをしっかり知っておくようにしましょう。
そして特に中学受験から大学受験は、その子の実力が重要になります。そのために、実力を上げる必要があり、塾や家庭教師なども利用されるのです。
受験に成功するためには、どうしても成績を高める、実力を高めることが必要になってきます。