ニュース

歯科NSAIDS市場、グローバル見通し、予測2023-2030

ウイルスは、感染した宿主による免疫サーベイルを避けながら、特定の細胞タイプへの核酸送達において非常に効率的になるように進化しました。これらの特性により、ウイルスは遺伝子治療のために魅力的な遺伝子配達車両またはベクターを魅力的にします。レトロウイルス、アデノウイルス、アデノ関連ウイルス(AAV)、および単純ヘルペスウイルスを含むいくつかのタイプのウイルスは、遺伝子治療アプリケーションで使用するために実験室で修正されています。これらのベクトルシステムには独自の利点と制限があるため、それぞれに最適なアプリケーションがあります。レトロウイルスベクターは、感染した細胞のゲノムに永続的に統合できますが、形質導入には有糸分裂細胞分裂が必要です。アデノウイルスベクターは、さまざまな分裂細胞タイプと非分化細胞タイプに遺伝子を効率的に送達できますが、感染細胞の免疫除去はしばしばin vivoで遺伝子発現を制限します。

このレポートには、以下の市場情報を含むグローバルにおけるウイルスベクター遺伝子治療の市場規模と予測が含まれています。

Global Viral Vectors遺伝子治療市場の収益、2018-2023、2023-2030、($ millions)

â

2022年のグローバルトップ5企業(%)

â

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場は2022年に百万と評価され、2030年までに2030年までに100万米ドルに達すると予測されています。 >

米国市場は2022年に100万ドルと推定されていますが、中国は2030年までに100万ドルに達すると予測されています。

レトロなウイルスベクターセグメントは2030年までに$百万に達し、今後6年間で% cagr

ウイルスベクター遺伝子治療のグローバルな主要メーカーには、Amgen、Novartis、Orchard Therapeutics、Spark Therapeutics、AGC Biologics、Anges、Bluebird Bio、Jazz Pharmaceuticals、Dynavax Technologiesなどが含まれます。収益の観点から約%。

収益、需要、製品タイプ、最近の開発と計画、業界の動向、ドライバー、課題、障害、潜在的なリスクを含む、この業界のウイルスベクター遺伝子治療会社、およびこの業界の業界専門家を調査しました。

セグメントごとの合計市場:

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場、タイプ、2018-2023、2023-2030($ millions)

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場セグメントの割合、タイプ別、2022(%)

レトロウイルスベクター

アデノ関連ウイルスベクター

他のウイルスベクター

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場、アプリケーション、2018-2023、2023-2030($ millions)

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場セグメントの割合、アプリケーション、2022(%)

in vivo

ex vivo

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場、地域と国、2018-2023、2023-2030($百万)

グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場セグメントの割合、地域と国、2022年(%)

北米

us

カナダ

メキシコ

ヨーロッパ

ドイツ

フランス

英国

イタリア

ロシア

北欧諸国

benelux

ヨーロッパの残り

アジア

中国

日本

韓国

東南アジア

インド

アジアの残りの部分

南アメリカ

ブラジル

アルゼンチン

南アメリカの残り

中東とアフリカ

七面鳥

イスラエル

サウジアラビア

uae

中東とアフリカの残り

競合他社の分析

レポートは、以下を含む主要な市場参加者の分析も提供します。

主要企業のウイルスベクターグローバル市場における遺伝子治療収益、2018-2023(推定)、($数百万)

主要企業のウイルスベクター遺伝子治療収益グローバル市場、2022(%)

さらに、レポートは市場の競合他社のプロファイルを提示します。キープレーヤー

amgen

novartis

オーチャード治療

Spark Therapeutics

AGC生物学

anges

ブルーバードバイオ

Jazz Pharmaceuticals

Dynavaxテクノロジー

biogen

Sarepta Therapeutics

gilead Sciences

コンテンツの表

1研究と分析の概要レポート
1.1ウイルスベクター遺伝子治療市場の定義
1.2市場セグメント
1.2.1タイプ
による市場
1.2.2アプリケーションによる市場
1.3グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場の概要
1.4このレポートの機能と利点
1.5情報の方法と情報源
1.5.1研究方法論
1.5.2研究プロセス
1.5.3基地年
1.5.4の仮定と警告を報告
2グローバルウイルスベクター遺伝子治療全体市場サイズ
2.1グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場規模:2022対2030
2.2グローバルウイルスベクター遺伝子治療市場規模、見込み客、予測:2018-2030
2.3主要な市場動向、機会、ドライバー、抑制
2.3.1市場の機会と傾向
2.3.2マーケットドライバー
2.3.3市場抑制
3会社の風景
3.1グローバル市場のトップウイルスベクター遺伝子治療プレーヤー
3.2トップグローバルウイルスベクター遺伝子治療会社は収益によってランク付けされています
3.3企業によるグローバルウイルスベクター遺伝子治療収入
3.4トップ3およびトップ5のウイルスベクトルグローバル市場の遺伝子治療会社、2022年の収益
3.5グローバル企業ウイルスベクター遺伝子治療製品タイプ
3.6ティア1、ティア2、ティア3ウイルスベクターグローバルマーケットの遺伝子治療プレーヤー
3.6.1グローバルティア1ウイルスベクター遺伝子治療会社のリスト
3.6.2グローバルティア2およびティア3ウイルスベクター遺伝子治療会社のリスト

â

お問い合わせ:< /b>
276 5th Avenue、ニューヨーク、ニューヨーク10001、米国
インターナショナル:(+1)646 781 7170 / +91 8087042414
https://www.24marketreports.com/
同様のレポート:非ヴィラルベクトル遺伝子治療市場、グローバル見通しと予測2023-2030

2022-2027グローバルおよび地域ウイルスベクター、非ウイルスベクターおよび遺伝子治療の製造業界の状況と見込み客専門市場調査レポート標準バージョン

ウイルスベクター、非リンガールベクターと遺伝子治療の製造市場、グローバル見通しおよび予測2022-2028

グローバルウイルスベクター、非散布ベクトルおよび遺伝子治療の製造市場規模、ステータス、予測2021-2027

https://www.24marketreports.com/ 最新の記事 もっと読む 最新の記事 Latest Publications

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button